似合うウエディングドレスに出会う!基本のデザインやコンプレックスカバー術

ドレスを選ぶカップルウエディングドレスを着ることは女性の憧れでもあります。そのため、結婚が決まれば「どんなウエディングドレスを着ようか…?」とワクワクするものです。

ですが、実際にウエディングドレス選びを始めると種類が多すぎてどれが良いのか分からない!

そんな女性のためにここでは、ウエディングドレスの種類とあなたに似合うウエディングドレスのデザインをまとめています。

 

ウエディングドレスって選ぶの楽しそうだけど、

多分すごく決まるまで時間かかるよね…

一生に一度と思うと余計に迷ってしまいますよね。

自分がピンときたドレスを選ぶのが一番ですが、その方によって似合うデザイン、そうでないデザインがあるので、ここではウエディングドレスのデザインのお話をしていこうかと思います。

ウエディングドレスの基本のデザインを知っておこう

ウエディングドレスと言っても種類は様々です。デザインが違うだけで花嫁のシルエットがゴージャスに見えたり可愛らしく見えたりします。

ウエディングドレス選びは結婚準備の中でも一番楽しい時間ですが、ドレスは何着も試着できるわけではありませんし挙式までの日も迫ってくるので、自分はどのようなシルエットのウエディングドレスが着たいか?試着の前に考えておきましょう。

ここでは、ウエディングドレスの基本のデザインを6つ紹介します。

 

ウエディングドレスっていうと、ウエストがキュッとしてて裾がふわ~っと広がってるデザインが多いですよね~。

本当にお姫様の気分を味わえそうだけど、正直可愛すぎる気がして私には似合うか不安…

 

大丈夫。ウエディングドレスには甘すぎなない大人っぽいデザインのものもありますので、お気に召すドレスがあるはずです。

 

Aライン

Aラインのドレスウエディングドレス定番デザインの1つで、ウエストの位置が高くマークされており、下半身へかけてスッキリと広がっているデザインになります。

アルファベットの「A」の形状に見えることからAラインと名付けられています。

 

プリンセスライン

プリンセスラインのドレスちょうどウエスト部分でスカートに切り替えられており、裾に向かってふんわり広がるデザインになります。

お姫様が着るようなドレスの形になっており、下半身にボリュームがでますので華やかで可愛い印象となります。

 

エンパイアライン

エンパイアラインのドレスほとんどのウエディングドレスはウエストあたりで切り替えられていますが、エンパイアは胸下から切り替えられているデザインになります。

裾にかけて広がるデザインではないので、通常のワンピース感覚で着用できます。

 

マーメイドライン

マーメイドラインのドレス形が人魚のように見えることからマーメイドラインと言われています。

上半身~膝あたりまでスタイルにフィットし、ヒザ下から裾にかけて広がるデザインのドレスです。

マーメイドラインを着たいけど自信がないという方は、ゆるめのフィット感のソフトマーメイドラインもあります。

 

スレンダーライン

スレンダーラインのドレス言葉の通りスレンダーなデザインのドレスになります。

スタートに膨らみがなく、直線的なシルエットなので、スタイリッシュに見せることができます。

シルエットが細いので、ペンシルラインと呼ばれることもあります。スッキリとしているので、狭い会場でも動きやすいです。

 

ミニ丈

通常のウエディングドレスは足元が隠れるほどのロング丈ですが、こちらは膝上丈のウエディングドレスになります。

ミニ丈のドレス露出が増えるので若々しく元気な印象となっており、カジュアルな結婚式場に適しています。また、非常に動きやすいのでゲストの元へ自分から動き回りたいといった花嫁に合っています。

 

コンプレックス別おすすめウエディングドレス

ウエディングドレスを着ることは夢だったものの、自分のスタイルには自信が持てないという理由でドレスを諦めようとしている女性がいるなら少し待って下さい。

 

先程も紹介したように、ウエディングドレスには様々なデザインがあります

選ぶデザインによっては自分のコンプレックスを隠すことができますので、ウエディングドレスを諦める必要はありません。

ここでは、コンプレックス別に似合うウエディングドレスをまとめています。

 

ちなみに、コンプレックスありますか?

もうコンプレックスの塊ですよ!

身長も低いし胸も小さいしぽっちゃりしてるし…。

本当にこんなわたしでも似合うドレスはあるんですかね?

ドレスの選び方次第でコンプレックスはカバーできます。

ただ、コンプレックスが多い場合は、優先順位を付けておくといいかでしょう。

 

低身長

ウエディングドレスの多くは身長170cm用に作られているため、低身長の女性はヒールを履いて身長を補うようになっています。

ヒールを履けば低身長はカバーされますが、さらにスタイルアップを目指す場合には、

胸下で切り替えられているエンパイアラインのウエディングドレスがおすすめです。

切り替え位置が高いと自然に目線が上に行くので、スレンダーに見えます。

 

高身長

身長が高い場合にはヒールの高さを低くすることもできますし、高身長用のドレスを用意しているドレスショップもあります。

少しでも慎重の高さをカバーしたいという場合には、身長に目線がいかないように

スカートにボリュームがあるプリンセスラインやAラインのドレスがおすすめです。

 

二の腕が太い

二の腕のコンプレックス二の腕が太くて気になる方はなるべく腕が隠れるようなデザインを選びがちですが、それは逆効果です。

二の腕を隠すデザインは腕部分がパンパンになって目立ってしまうので、あえて二の腕が出るデザインのドレスを選びましょう。

袖のないビスチェタイプのドレスは、デコルテ部分が美しく見えるので二の腕の太さは気にならなくなります。

 

背中が汚い

背中にニキビや傷跡があってなるべく隠したいという方は、

ウエディングドレスにボレロを羽織ったり、背中まで覆われているベールをつけると隠れます。

また、最近では背中部分がレースで装飾されていて、背中が見えにくいデザインのドレスも多くあります。

背中を全面的に出すデザインのウエディングドレスを着用したい場合には、事前にエステや皮膚科を利用する、当日ボディメイクを利用するという方法もあります。

 

胸が小さい

胸で着るようなデザインのドレスを選んでしまうと貧弱に見えてしまいますが、

胸元にフリルやリボンの装飾があるデザインを選ぶとボリュームが出て、貧乳がカバーされます。

また、胸下で切り替えられているエンパイアラインやレース袖のドレスは胸が大きい方より胸が小さい方の方がスッキリ着こなせますのでおすすめです。

 

胸が大きい

胸が大きいほうがウエディングドレスは似合うイメージがありますが、大きすぎると太って見えたり下品に見えてしまう恐れがあります。

そのため、胸が大きい方はなるべく胸が強調されないようシンプルなデザインのドレスを選びましょう。

谷間の見えないビスチェタイプやVネックラインのウエディングドレスは胸元のいやらしさをカバーしながら美しく見せてくれます。

 

くびれがない

ウエストを細く見せたい方には、下半身にボリュームが出るプリンセスラインかAラインのドレスがオススメ。

くびれが無いウェストただ、Aラインの方が上半身が引き締まっているデザインなので、よりウエストをほっそりと見せることができます。

 

痩せ型

痩せ型の方はシンプルなデザインを選ぶと貧相に見えてしまいます。

Aラインやプリンセスラインなどの華やかなドレスやフレンチスリーブや長袖などの露出を抑えるドレスが良いでしょう。痩せ型貧乳がコンプレックスの場合には、上品さがUPするハイネックデザインがおすすめです。

 

 

人それぞれ抱えているコンプレックスは違いますが、コンプレックスは気にしすぎる必要はありません。

自分の体型をしっかり把握しておけば、自分に似合うドレスを見つけ、上手に着こなすことができます

結婚式は花嫁が主役のイベントですから、心配するより自分に自信を持って最も似合う1着を見つけ出しましょう。

 

意外と多いウエディングドレスの汗悩み

結婚式当日に向けてどんなドレスにしようかと悩み、お気に入りの一着が見つかった!あとは当日を迎えるだけ…と思いきや、実はウエディングドレスを着る上で気をつけておきたいのが「汗問題」です。

というのも、結婚式場は空調管理はされているものの、緊張や不安で勝手に汗が出てしまうことも…。

新郎新婦は結婚式の主役ですからすべての人から注目されますし、スポットライトも当たりますので意外と汗はかきやすいのです。

 

汗のことなんて全く考えてませんでした!

でも確かに当日はすごく緊張するだろうし、わたしも汗で悩まされそう…

汗悩みは花嫁さんの約7割が感じたというアンケート結果が出ているの。

汗っかきの方でなくても汗対策はしておくことがオススメよ。

顔汗対策には防水メイク

結婚式当日は、暑くて顔汗が止まらなかったり感動で涙が止まらなくなったりとメイクが落ちやすくなります。

そうするとせっかくの美しくメイクが台無しになってしまいます。

メイク前に防水タイプの下地やベビーパウダーなどを利用して汗を未然に防いでおきましょう。

 

脇の汗には制汗剤

ウエディングドレスの素材はほとんどがポリエステルで汗を吸収しません。

そのため、汗をかいてしまうとニオイが強くなってくるので、ドレスを着用する際には制汗剤を使用しておきましょう。

とくにワキガの方は強力タイプのデオドラント商品を使用しておきましょう。

 

こまめに脇汗ケア

脇汗ケアのイメージ結婚式では花嫁ハンカチを持っていきますが、他にもタオルハンカチや汗ふきシートがあれば安心です。

脇汗が気になるという場合でもこっそり汗を拭き取るチャンスは十分あります。

 

袖付きドレスで脇汗防止

ウエディングドレスの多くは脇を隠せないタイプですが、中にはパフスリーブになっているものや長袖丈もあります。

袖があれば脇周辺が隠れるので脇汗パッドなどのインナーで汗対策ができます。脇毛処理がしっかりできていない方でも、袖付きであれば脇を隠せるので安心です。

 

ドレスはレンタルでなく購入

気に入るドレスがない、ワキガのニオイ移りが心配という方は、ウエディングドレスをレンタルでなく購入するという手段もあります。

購入であれば、万が一汗で汚してしまってもドレスショップへ迷惑をかけることはありません。

タイトルとURLをコピーしました